GIZMON Utulens 「写ルンです」のレンズを再利用、その描写は一言「エモい」。

前回の記事で話をさせていただいた、GIZMON Utulens

「写ルンです」のレンズを再利用してつくられたこのレンズは、どういった写りをするのか。
その写真をいくつか載せたいと思う。

GIZMON Utulens

使用したカメラは、Canon EOS M5。
設定はなるべく「写ルンです」を踏襲したい。
ということで、撮影モードは絞り優先、絞りはF16固定(固定なのはレンズスペックの都合)、晴天時のISOは400とした。

GIZMON Utulens
GIZMON Utulens
GIZMON Utulens
GIZMON Utulens
GIZMON Utulens

上の写真のEXIFをみてみたら、シャッタースピード1/400前後が多かった。

F16、ISO 400、1/400・・・

これはもしや「サニー16ルール」ってやつでは?
Utulens のF値はF16固定なので、図らずも「サニー16ルール」の基準が既にできている。
絞り優先モードじゃなくて、いっそのことマニュアルモードで「サニー16ルール」で撮影するのが正解なような気がしてきた。

あと、順光で撮ると具合が良い気がする。
逆光だと絵が破綻しやすい印象、それを計算に入れる必要があるね。

GIZMON Utulens 最短撮影距離は1m、寄って撮ると花がピンボケになるね。

GIZMON Utulens ところが、前面のレンズユニットのネジを緩めると、1mより手前のモノへフォーカスを合わせることができる。
ただし、レンズユニットを緩め過ぎて脱落しないように注意が必要だ。

GIZMON Utulens 明暗差がある駅のホーム。

GIZMON Utulens 夜間でも撮ってみた。
ISOは1600、NATURA 1600 っぽいかどうかはちょっとわからない苦笑。

GIZMON Utulens ずいぶん前に撮影した、久屋大通駅のホーム。
ホームドア設置前だから、もうこの写真を撮ることはできない。
もっとも、乗客の安全が第一だから仕方がないけどね。

こうしてみると、糸巻き型の歪曲収差がみられるね。
でも、あえて直さないでおこう。

GIZMON Utulens

ちなみに、ピクチャースタイルはすべてニュートラルにしてある。
彩度が抑え気味でイイカンジで「エモい」写真が撮れたと思うのだが、どうだろう?
きっと、気のせいではないはず。

撮影後に思ったこと、それは、

「久しぶりに 『写ルンです』を使ってみたくなった!!」

ってこと。 :D

About トキメキカメラ

カメラ・写真にときめいたあなたに贈るブログです。

  • PVアクセスランキング にほんブログ村
▼ Category Archives ▼
▼ Monthly Archives ▼
▼ Popular Posts ▼

About トキメキカメラ

カメラ・写真にときめいたあなたに贈るブログです。

  • PVアクセスランキング にほんブログ村