Godox Thinklite TTL TT350C 小型軽量コンパクトなストロボは1個あると便利だよ。

ストロボって「大は小を兼ねる」というか、ザックリ言うと大型の方が光量の選択肢が多いよね。
でもスナップ撮影の場合は機動力が大切。

Godox Thinklite TTL TT350C
Godox Thinklite TTL TT350C。
TT600 を使い続けてすごく良かったんだけど、小型軽量なストロボも欲しくなって購入したんだ。

小型軽量なストロボと一言で言っても色んな選択肢があるわけで、なぜまたゴドックスを選んだのか。
それは、TT600 を使い続けて、私の中で「ゴドックス」というブランドに対する信頼が生まれたのが大きいかな。

以下、スペック引用↓

ガイドナンバー(1/1出力@105mm): 36
フラッシュ範囲: 24〜105mm (14mmワイドパネル付き)、オートズーム、マニュアルズーム、バウンス:0-270°、-7-90°
フラッシュ発光時間: 1/350〜1/20000秒
露出コントロールシステム: TTL オートおよびマニュアルフラッシュ
調光補正: ±3段 1/3刻み
HSSハイスピードシンクロ: 対応、最大1/8000秒まで
マルチフラッシュ: 最大 90回、99Hz
ワイヤレスフラッシュ機能: マスター、スレーブ、OFF
制御可能なスレーブグループ: 3(A、B、C)
送信範囲(約)2.4GHz無線: 30m
チャンネル2.4GHz無線: 16
電源: 単3形電池2本
充電時間: 0.1-2.2秒(ニッケル水素電池)
フル発光回数(最大): 約210回(ニッケル水素電池)
パワーセーブ: あり
シンクロトリガーモード: ホットシュー、光学トリガー
サイズ(縦 x 横 x 高): 140 x 62 x 38 mm
重量: 200g

というように、スナップ撮影では必要充分な性能を備えている。

Godox Thinklite TTL TT350C TT350C と TT600 を並べてみた。
TT350C の方が、スナップ撮影で持ち運ぶのに躊躇しない大きさだね。

Godox Thinklite TTL TT350C Canon EOS M5 に装着。
TT600 を装着した時と比べると良いバランスだね。

Godox Thinklite TTL TT350C バッグのスペースを占領しないサイズ感がGOOD。

ちなみに私が購入したのはキヤノン用、品番末尾の「C」はCanon の「C」。
以下の通り、品番末尾が各カメラメーカーに対応している。

  • TT350C: Canon/キヤノン用
  • TT350F: Fujifilm/富士フイルム用
  • TT350N: Nikon/ニコン用
  • TT350O: Olympus/オリンパス、Panasonic/パナソニック用
  • TT350P: Pentax/ペンタックス用
  • TT350S: Sony/ソニー用

パナソニックユーザーは間違ってペンタックス用を買わないように要注意だね。 :}

実際に TT350C を使ってスナップ撮影して思ったことは、軽快に撮影できたのがすごく良かったってこと。

Godox Thinklite TTL TT350C
Godox Thinklite TTL TT350C
Godox Thinklite TTL TT350C

TT350C はTTLが使える。
光の勉強をしたい方にはマニュアルモードを強く勧めるけど、楽をしたい場合はTTLがすごく便利だよね。

Godox Thinklite TTL TT350C
Godox Thinklite TTL TT350C
Godox Thinklite TTL TT350C
Godox Thinklite TTL TT350C
Godox Thinklite TTL TT350C
Godox Thinklite TTL TT350C

ちなみに、上記写真は全てISO100で撮影。

ストロボを使うべきではないシチュエーションも当然あるんだけど、小型軽量なストロボが1個有れば、撮れないと諦めなくて済むかもしれない。
TT350C を使って、そんな風にも思ったんだ。 :D

About トキメキカメラ

カメラ・写真にときめいたあなたに贈るブログです。

  • PVアクセスランキング にほんブログ村
▼ Category Archives ▼
▼ Monthly Archives ▼
▼ Popular Posts ▼

About トキメキカメラ

カメラ・写真にときめいたあなたに贈るブログです。

  • PVアクセスランキング にほんブログ村